ヘアカラー用語集【ア行】

アッシュ系カラー

ヘアカラーの色合いの一つで、グレーがかったくすんだ色味。

アルカリ性酸化染毛剤

アルカリ性酸化染毛剤とは、ヘアカラーの分類のひとつで、多くのヘアカラーがこれに該当します。

その名のとおり薬液がアルカリ性で、メラニン色素を脱色しながら着色することで、白髪も黒髪もほぼ同じ色にしっかり染まります。

体質によってはアレルギー反応を起こすことがあるため、使用の際には皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。

1剤

ヘアカラーやブリーチ剤を構成する剤の一つで、2剤と混ぜて使用します。

ヘアカラーの1剤には有効成分として酸化染料が含まれており、多くの場合、反応を促進するためのアルカリ剤も含まれています。

ブリーチの1剤には有効成分としてアルカリ剤が含まれており、染料は含まれていません。

一時染め

カラースプレーやカラースティックなどが一時染毛料で一時的に髪を染めること。これは染料が髪の毛の表面に付着することで色をつけます。

あくまでも表面に色がつくだけであって、内部に浸透するわけではないため、水などで濡れると落ちてしまいます。

一時染めは手軽ですぐに染められて、髪を傷めないというメリットがあるのですが、雨や汗でも落ちてしまうので、使う時には天候やシチュエーションに注意しなくてはいけません。

色持ち

カラーリングをしても、その色がしばらく持つか、短期間で落ちてしまうか、シャンプーで落ちるかは染剤によって異なり、この白髪染めをしてから落ちるまでの期間のことを色持ちといいます。

一般的に、永久染毛剤は色持ちが良いと言われてますし、半永久染毛剤は色持ちが悪いという部類になりますが、一時染毛料は除外されます。

色持ちが悪いと白髪染めの頻度が高くなり、結果コスト負担が高まることになりますので、白髪染めを選ぶ際には注意したい情報です。

色持ち

色持ちとは、ヘアカラーリング剤で染めた髪の色が保たれること、またはその期間を意味します。

ヘアカラーリング剤の種類によって、色持ち期間は異なります。

一般的に、永久染毛剤は色持ちが良いと言われてますし、半永久染毛剤は色持ちが悪いという部類になりますが、一時染毛料は除外されます。

色持ちが悪いと白髪染めの頻度が高くなり、結果コスト負担が高まることになりますので、白髪染めを選ぶ際には注意したい情報です。

永久染毛剤

永久染毛剤とは、ヘアカラーリング剤の分類のひとつです。アルカリ性酸化染毛剤や中性酸化染毛剤、非酸化染毛剤などの種類があります。

永久染毛剤はシャンプーしても色落ちしにくく、色の濃さにもよりますが白髪用では約2~3ヶ月、黒髪用では約1ヶ月が色持ちの目安です。

体質によってはアレルギー反応を起こすことがあるため、使用の際には皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要です。

色持ちが良く2ヶ月から3ヶ月はカラーがキープしシャンプーですぐに落ちるということはありません。

一度脱色をしてから色を入れるので、黒い髪でも好みのカラーに染められます。

ただし、その分ダメージが大きいので、きちんとケアをしないと髪が傷むというのがデメリットになります。

オーガニックカラー

オーガニック成分が入っているカラー剤を使用し、化学成分の使用を極力抑えたヘアカラーの施術方法。

自然由来の成分割合が高いため、一般的なヘアカラーに比べ、低刺激で髪や頭皮に優しいのが特徴。