白髪染めはいつから染め始めるべき?

白髪染めを始める時期は、白髪見つかった時点になります。

白髪はたった数本だとしても、老けた印象になります。

黒髪にするだけで、見た目も若々しくなるので、できるだけ早めの対処が正解です。

白髪染めを始める年齢

白髪染めは見つけたら始めたほうがいいのですが、1つの目安となる数字があります。

35才になると白髪染めをする人が増えてきます。

35才というのは、人間にとって大きな節目と言われていて、健康の曲がり角なのです。

この年齢になると、白髪が目立ってくる人も多く「気になるから白髪染めしてほしい」という方が来客します。

白髪は抜いても大丈夫?

よくある質問に、白髪を抜いてもいいの?があります。

白髪の本数が少なければ、抜いてしまえばいいと考える人もけっこう多いです。

たしかに、根元から白髪自体を抜いてしまえば白髪そのものがなくなるので、目立たなくもなって染める必要もなくなります。

ですが、髪の毛を抜くことによって毛根に負担がかかってしまい、白髪が生えてこなくなるだけでなく、髪の成長にも負担がかかることを覚えておいてください。

もし目立ちにくいところに白髪が生えているのであれば、抜かないことをお勧めします。

洗浄力の強いシャンプーは白髪を増やす原因

シャンプーには様々な種類があり、洗浄力が強いシャンプーを好む方もいらっしゃいます。

ただ、洗浄力が強いシャンプーは要注意です。

頭皮の皮脂を取り除くだけでなく、必要な油分までとってしまうので、頭皮が乾燥してしまい荒れてしまう事があるからです。

特に乾燥する冬場では、頭皮の乾燥が深刻化してしまい、白髪の原因となる事もあるんですよ。

シャンプーを探す際には洗浄力が強すぎないアミノ酸系シャンプーや、オーガニックシャンプーを選ぶ事をおすすめします。

ストレスが白髪を増やす

睡眠不足や生活環境の乱れなどによってストレスが溜まると、頭皮にも影響が出てきます。

ストレスによって体内環境が変化し、頭頂部への栄養がいきにくくなると、髪の毛を黒くしてくれているメラノサイトと呼ばれる細胞に栄養が届かず、そのまま黒くならずに白髪となって生えてきてしまうのです。

頭皮へ栄養をしっかり送るためにも、ストレスをできるだけ溜めないようにしましょう。

特に男性はストレスで髪が白髪になることも多いです。