紫外線の髪への影響

紫外線が髪に悪影響があることは知っていますね?

実際にどういった影響があるのかを説明します。

パサつきなどのトラブルになる

髪は紫外線ダメージを受けるとタンパク質が破壊されて、パサつきなどのトラブルになります。

特にプールや海などの濡れた状態で浴びると毛髪の中で酸化が起きダメージを受けることが分かってきたそうです。

手触りが悪くなる

髪の毛の内側には肌と同じメラニンがあるため、紫外線を吸収してくれる効果があります。

ただし髪の毛の表面ににあるキューティクルにはメラニンが存在しないので、ダイレクトに紫外線のダメージがかかるのです。

なので強い紫外線を浴びるとツヤが消えたり、手触りが悪くなってしまいます。

トリートメントで対処を

髪の紫外線対策は、ズバリ集中ケアがオススメです。

手間ですが、トリートメントした後にラップで包み蒸しタオルで5分程蒸してあげるとキューティクルがしっかり開いた状態で奥までトリートメントが入ります。

ちょっとしたことですが、やるのとやらないのでは雲泥の差なので試してください!