ヘアカラーにパッチテストが必要な理由

ヘアカラー・白髪染めをする場合、必ず最初にパッチテストを行いましょう。

パッチテストは、アレルギーの有無をチェックするための簡単なテストです。

パッチテストの手順

  1. STEP

    パッチテスト用混合液・クリームを用意。 1液(1剤)と2液(2剤)を指定の量ずつ取り、綿棒で混ぜ合わせます。

  2. STEP

    腕の内側にぬり、48時間放置。 混合液・クリームを、綿棒の先端につけ、腕の内側に10円硬貨大にうすくぬり、自然に乾燥させます。混合液が乾燥するまで、衣服につかないようにします。

  3. STEP

    30分後と48時間後の2回チェック。48時間経過して、かゆみ・はれなどの異常がなければ、ヘアカラーしてもOKです。

異常があった場合は、すぐに洗い流して、ヘアカラーを中止してください。

パッチテストであったほうがいいもの

  • ティッシュペーパー
  • 新聞紙
  • タオル
  • 輪ゴム
  • 目の粗いクシ
  • 水をはじくクリーム

水をはじくクリームを、耳のまわり、額など、髪の生え際にぬります。こうするとカラーリング剤が肌についても落としやすくなります。クリームが髪につくと染まりが悪くなるのでご注意を。

髪が生え際にかからないよう、あらかじめ髪全体を後ろに向けてとかしておきます。髪の長い人は、ブロッキングすると、ムラなくきれいにぬれます。

汚れてもかまわない、前開きの衣類に着替えます。大きめのタオルやケープで、首から肩ガードします。

最後に手袋をして、輪ゴムでとめます。

あらかじめ新聞紙などを敷いておけば、洗面台などが汚れません。