ヘナカラーで白髪染めするメリットとデメリット

「ヘナ(ヘンナ)」とは、インド・エジプト・イラン等の北アフリカ~西アジアを原産地とするミソハギ科の植物のことを指します。

近年では「天然の葉の色素のみを使う」という方式が日本でも注目され、ヘナ(ヘナカラー)として主に髪染めのために使われるようになっています。日本で販売されているヘナはインド産のものが多いです。

ヘナのメリット

まずヘナで白髪染めをするメリットをお伝えします。

髪・地肌への負担なく白髪を染めることが出来る。

ヘナは天然成分なので白髪染めでかぶれる方、化学薬品に抵抗がある方でも安心して使えます。

最近ではカラーリングや白髪染めの多くに使われている「過酸化水素」が白髪の原因の一つとも言われています。

その意味でもヘナで白髪染めするのはメリットが大きいと言えます。

髪にハリ・コシ・ツヤが出る

ヘナを続けることでの一番の実感できるメリットが、ハリ・コシ・ツヤが出ることです。

年齢を重ねる事で、どうしても白髪が目立つようになり、髪は細くなってしまいます。

髪が細くてペタッとする方、クセが気になる方は、ハリが出ることが期待できますよ。

ヘナのデメリット

つづいてヘナのデメリットをお伝えします。

黒髪を明るくできない

ヘナは一般的なカラーリングや白髪染めと違って、元の髪色を明るくすることは出来ません。

黒髪を明るくできないので、その点に注意してください。

髪がキシキシすることがある

髪にダメージのある方がキシキシしやすいです。

これはヘナの収れん作用によるものなので、決して傷んだわけではないんです。

いつも通りトリートメントをして乾かせば問題ありません。